今まで常識だったトレーニングとは大違い

 
フィットネスクラブなどでは、特に女性に対しては、
こんな言い方をします・・・
■体脂肪率を下げるには有酸素運動をやってください、、、
■筋トレをやると筋肉を引き締めて、スタイルを良くするために
 軽くやってくださいと・・・


週1日30分のスロートレーニングで理想体型へ!

でも、考えてみてください。
「引き締まる?」「筋肉が?」よくわかりませんよね。

事実を簡単にいうと。
筋トレを適切にやると女性でも「筋肉繊維は太くなります」

■そう、筋トレを適切にやると女性でも「筋肉繊維は太くなります
■そして、同時に体脂肪率も下がります
■有酸素運動に時間をかけるよりも真剣に筋トレをやったほうが効率が良いです
これが真実です。

筋肉が発達して太くなる、筋肉量が増える→1日に消費するカロリーが自然に増える→体脂肪が自然に減る→身体が引き締まって見える。
これが真実です。

アメリカの学者の中には、
1ポンド筋肉が増えると1日に50カロリー余分にカロリーを消費するようになる。
それも安静状態で。という方もいます。

ここで、ちょっとした算数をやってみましょう。
もし筋肉の量が10ポンド増えると。1日に500カロリーも余分に燃やすようになります。

エアロビクス運動の場合、500カロリーを燃やす運動は1時間以上かかるのが普通です。また、同じ運動を続けていると身体が慣れてきて、少ないカロリーで運動を遂行できるようになります。
これは「適応反応」ですが、体脂肪を減らす場合にはありがたくない話ですね。



この事実からわかるのは「筋トレをやっただけ」では、体脂肪を減らしたり、身体を引き締める効果はないです。
大事なのは、「筋肉が増えること」です。

筋肉が増える」→「基礎代謝があがる」→寝ていても多くのカロリーを消費するようになる。こういうことです。

もうひとつの間違い。筋肉を発達させるためには、
「週に6回、1日2時間、重いウェイトでトレーニングしないといけない。」
これ、嘘です。

山田さんは、よく「スーパー銭湯」に行くそうです。
そこで、見知らぬおじさんに言われること。
「エエ身体をしとるなあ。1日にどのくらいのトレーニングしたら、そんな身体になれるのや?」

山田さんは、こう答えます。
「えーと。1週間から10日に1回。30分以内ですね。」
大抵、おじさん達は、目を白黒してビックリしているとか・・・(笑)

詳しくはこちらの公式サイトでご確認ください。

週1日30分のスロートレーニングで理想体型へ!
 

週1日30分のスロートレーニング 山田豊治記事一覧

今まで常識だったトレーニングとは大違い

フィットネスクラブなどでは、特に女性に対しては、こんな言い方をします・・・■体脂肪率を下げるには有酸素運動をやってください、、、■筋トレをやると筋肉を引き締めて、スタイ...

達成できないトレーニング目標は負担になる

大不況のために人手が減り、残業の毎日。朝、眠い目をこすりながら電車に乗り、日中は電話や上司に振り回されて、夜遅くまで仕事に励む。。。週1日30分のスロートレーニ...

山田式スロートレーニングは誰にでも出来る

あなたも、この「本物のスロートレーニング」で簡単にカッコイイ身体を獲得してください。でも、難しそうだし・・・たしかに、自分にもできるかなと不安になるかもしれませんね。 ...

実際に効果がある本物のスロートレーニング

では、具体的にどうすればいいのでしょうか?はい、この方法をあなたにもお伝えしたいところなのですが、多忙のため 、直接お教えするにはどうしても限界があります。週1...

 
初心者用FX